キジカクシ

Asparagus schoberioides

  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • 花名
    キジカクシ
  • 学名
    Asparagus schoberioides
  • 別名雉隠, 松葉独活, Asparagus schoberioides
  • 原産地日本
  • 開花場所海岸, 低山
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉普遍

キジカクシとは

キジカクシ(学名:Asparagus schoberioides)は日本に自生する キジカクシ科の常緑多年草です。和製アスパラガスと呼ばれ、茎は食用になります。名前の由来は、茎の上部が良く分枝し葉が多数茂って雉を隠す程になることによります。

一般名:キジカクシ(雉隠)、学名:Asparagus schoberioides、別名:Asparagus schoberioides、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科クサスギカズラ属キジカクシ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、生息地:北海道~九州の日本、環境:山地に自生種、生活型:常緑多年草、草丈:50~100cm、茎:円柱形で稜線があり上部で分枝、葉:鱗片葉(鱗片状に退化)鱗片葉長:0.1 cm、葉のように見えるもの:葉状枝(細長く分枝した枝)、葉状枝長:1~2 cm、葉状枝形:線形、雌雄異株、花序:総状花序、花被:広鐘形、花色:淡黄緑、花被片長:0.2~0.3 cm、花柄長:0.1~0.2 cm、果実型:液果、果実形:球形、果実色:赤熟、用途:食用、食用は茎、旬:5月~6月。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • クサスギカズラ
  • キジカクシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.3 cm

ランダムな花