コスタス・スピラリス

  • コスタス・スピラリス_img_0
    コスタス・スピラリス @ シンガポール植物園

基本情報

花名
コスタス・スピラリス
英名
Spiralis ginger
学名
Costus spiralis 'strawberry bud'
別名
Costus spiralis, スパイラルジンジャー, Strawberry Bud, Spiralis ginger
原産地
ブラジル
生活型
多年草

コメント

コスタス・スピラリスとは

コスタス・スピラリス(学名:Costus spiralis 'Strawberry Bud')は、ブラジル原産で、オオホザキアヤメ科コスタス属の大形多年草又は低木です。英名では、 Spiralis ginger(スパイラルジンジャー)と呼ばれます。それは、茎に付く葉が螺旋状をしていることに拠ります。株高は2 m程です。葉は長楕円形か広披針形で、葉縁は全縁、葉序は螺旋状です。花序は頭状花で、花のように見えるのは苞で、よく目立つ赤色をしています。実際の花は、苞から出る小さな黄色い筒状花です。現地では、花は周年咲きます。
ブラジルの伝統医学では、葉、茎および根茎に、糖尿病の合併症の治療や、淋病、梅毒、腎炎、虫さされ、膀胱障害を治療や、利尿薬、強壮薬の効果があるとされます。用途は、上記の伝統医薬とする他、観賞用に用いられます。

一般名:コスタス・スピラリス(Costus spiralis 'Strawberry Bud')、学名:Costus spiralis 'Strawberry Bud'(コスタス・スピラリス)、別名: Spiralis ginger、分類名:植物界被子植物門単子葉類ショウガ目オオホザキアヤメ科コスタス属、原産地:ブラジル、環境:アマゾン等の湿地、草丈:2 m、葉形:長楕円形~広披針形、葉縁:全縁、葉序:螺旋状、花序形:頭状花、花色(実際は苞の色):朱赤、本当の花色:黄、花形:筒状、開花期:現地では周年。

詳細情報

ショウガ
オオホザキアヤメ
コスタス
コスタス・スピラリス
花言葉
華やかな / Glamorous ()
花のタイプ
左右相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
湿地温室
赤, 黄
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
コチョウラン_img
フシグロセンノウ_img

ランダムな花

サルビア・ガラニチカ _img
アメリカフウロ_img
ペリカンバナ_img
ハナモモ・テルテベニ_img
フッキソウ_img
アロカシア・アマゾニカ_img
シャゼンムラサキ_img
サンゴジュ_img
イトラン_img
アカマツ_img
モモイロタンポポ_img
トウモロコシ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved