かぎけん花図鑑

デンドロキラム・コビアナム

基本情報
花名
デンドロキラム・コビアナム
英名
Dendrochilum cobbianum
学名
Dendrochilum cobbianum
別名
デンドロキルム, Dendrochilum, ライスオーキッド, Dendrochilum cobbianum
原産地
フィリピン
生活型
着生蘭、常緑多年草
コメント
デンドロキラム・コビアナム(学名:Dendrochilum cobbianum)はルソン島とミンダナオ島(フィリピン)の固有種で、ラン科デンドロキラム属の小型の蘭です。亜高山の苔に覆われた木や岩に着生します。新芽から直立し、花茎から総状花序を伸ばし、沢山の白~薄クリーム色の小花を2列に付け下垂します。垂れ下がった長い花序には干し草のような芳香が有ります。花序は尻尾のように見えます。開花期間は15日~20日です。
一般名:デンドロキラム・コビアナム、学名:Dendrochilum cobbianum、分類名:植物界被子植物門単子葉類キジカクシ目ラン科デンドロキラム属、別名:デンドロキルム(Dendrochilum)、ライスオーキッド、原産地:フィリピン等の東南アジア、生活型:常緑性多年草、着生ラン、草丈:20〜60 cm、花色:白・薄黄・黄、花径:0.8~1.8 cm 花序長:50 cm、開花期:10月〜翌年5月。
詳細情報
キジカクシ
ラン
デンドロキラム
デンドロキラム・コビアナム
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
黄, クリーム, 白
開花時期
1月 2月 3月 4月 5月 10月 11月 12月
高さ
20  ~ 60  [cm]
花径
1  ~ 1.8