かぎけん花図鑑

デンドロビウム

基本情報
花名
デンドロビウム
英名
Dendrobium
学名
Dendrobium spp.
別名
デンファレ, デンドロビューム, Dendrobium
原産地
熱帯アジア、オーストラリア
生活型
常緑多年草
コメント
デンドロビウム(学名:Dendrobium spp.)はラン科デンドロビウム属の常緑多年草です。コチョウラン(胡蝶蘭、Phalaenopsis:ファレノプシス)ほど高価ではなく、普段使いの花です。葉はシンビジウムほど長くなく、丸味を帯びて短めです。代表的なものには、ノビル系やファレノプシス系(デンファレ系)、フォーモーサム系、キンギアナム系があります。単にデンドロビウムといえばノビル系をさすことが多いです。ファレノプシス系はデンファレと呼んで区別されます。
*旧【かぎけんWEB】デンドロビウム(Dendrobium)ご参照
●ノビル(nobile)系
鉢物として出回り、草丈20~80 cm、直立した太いバルブの節に多くの花を密集してつけます。花径は3~8 cm、花芯(花の中心)は濃色で花色はピンクや淡紫、赤紫、黄色、白があります。葉は短めで丸味を帯びた長楕円形で厚みがあります。花期は12月~5月です。原産地はヒマラヤ~タイ。花言葉は「謹厳実直」です。
●デンファレ(Den phalae)系
切花(ブーケ、フラワーアレンジメント)としての用途が多く、草丈60~80 cm、バルブの先から細長い花茎を伸ばし、その先にファレノプシスに似た花をまばらに数個つけます。花径5~8 cm、花色は桃、赤、白等があります。花期は7月~11月です。原産地はオーストラリア、ニューギニア。花言葉は「お似合いのふたり」「有能」です。
一般名:デンドロビウム(Dendrobium)、学名:Dendrobium spp.、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科デンドロビウム属、原産地:熱帯アジア、オーストラリア。
詳細情報
キジカクシ
ラン
デンドロビウム
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
赤, ピンク, 紫, 黄, クリーム, 白
開花時期
1月 2月 3月 4月 5月 12月
高さ
20  ~ 80  [cm]
花径
5  ~ 8