トウネズミモチ

  • トウネズミモチ_img_0
    トウネズミモチ @ 木場公園
  • トウネズミモチ_img_1
    トウネズミモチ @ 墨田区菊川の庭木
  • トウネズミモチ_img_2
    トウネズミモチ @ 木場公園
  • トウネズミモチ_img_3
    トウネズミモチ @ 江東区

基本情報

花名
トウネズミモチ
英名
Chinese privet
学名
Ligustrum lucidum
別名
トウネズ, 唐鼠黐
原産地
中国
生活型
常緑広葉高木

コメント

トウネズミモチとは

トウネズミモチ(唐鼠黐、学名:Ligustrum lucidum)は、中国原産でモクセイ科イボタノキ属の常緑広葉高木です。 夏、枝から花序を伸ばし、白い小花を多数つけるので木全体が白っぽく見えます。晩秋に、黒くて小さい球形の果実を枝に撓わにつけます。公園や街路樹、果実や葉などが生薬とされます。 ネズミモチ(鼠黐、学名:Ligustrum japonicum)と似ています。樹高は本種の方が大きくなります。葉は本種の方が大きく卵状披針形をしており、ネズミモチは楕円形です。本種の葉は葉脈が目立ち、ネズミモチは本種ほど目立ちません。果実は本種は多数成り、ネズミモチは少ない。果実形は、本種は球形に近く、ネズミモチ(L. japonicum)は楕円形をしています。葉脈が透けるのが本種で、透けないのがネズミモチ(L. japonicum)です。本種の方が開花が1ケ月程遅い。雄蕊は2本、花柱は共に1本ですが、花柱はネズミモチの方が長い。

一般名:トウネズミモチ(唐鼠黐)、学名:Ligustrum lucidum、別名:トウネズ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目モクセイ科イボタノキ属、原産地:中国 、樹高:10-15 m、樹径:10 cm、葉序:対生、葉質:皮質、葉形:卵状披針形、葉縁:全縁、葉長:5-12 cm、花序径:散形花序、開花期:6月-7月、花序径:0.3-0.4 cm、花序長:10 cm、花色:白、花弁裂片:4裂し反り返って巻き込む、果実型:核果、果実形:球形、果実色:黒、果実径:0.7〜0.8 cm、結実期:11月-12月、用途:生薬、公園樹、街路樹。

詳細情報

シソ
モクセイ
イボタノキ
トウネズミモチ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
公園街路、植栽
開花時期
6月7月
高さ
1000 ~ 1500 [cm]
花径
0.3 ~ 0.4

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
マンゴー_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

キバナアマ_img
ガザニア_img
ノトリリオン・トムソニアヌム_img
変化朝顔 ’黄縮緬葉瑠璃筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’_img
モミジガサ_img
カミガヤツリ _img
ハボタン_img
ハナビシソウ_img
シラー・ペルビアナ_img
イチイ_img
コケジャコウソウ_img
ヤツシロソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved