かぎけん花図鑑

トレニア

基本情報
花名
トレニア
英名
Torenia fournieri
学名
Torenia fournieri
別名
ナツスミレ, Torenia, 夏菫, Wishbone flower, ハナウリクサ, 花瓜草, トレニア・フルニエリ, bluewings
原産地
インドネシア
生活型
非耐寒性一年草
コメント
トレニア(Torenia、学名:Torenia fournieri)は、インドネシア原産で、ゴマノハグサ科トレニア属の非耐寒性一年草です。茎は良く分枝します。夏~秋に、花茎の先端や葉腋から総状花序を伸ばし、スミレ(菫)に似た小さな口唇形の花を咲かせます。上唇は2裂して合着し、下唇は明瞭に3裂します。下唇の中央基部に黄斑紋があるものもあります。花色の紫色の基準色の他に、濃桃色や白などがあります。熱帯アジア生まれなので暑さに強く寒さに弱いです。葉は卵形で、茎に対生につきます。代表品種に、Torenia fournieri(トレニア・フルニエリ)があります。属名の 'Torenia'はリンネの弟子で、商船の司祭かつアジアに航海し植物収集して旅行記録を出版した植物学者オーロフ・トレーン(Olof Torén)への献名です。用途は庭植え、鉢植え、吊るし植えに、花はエディブル植物となります。エディブルフラワーには、スミレや、キンギョソウなどがあります。特集「エディブルフラワー」
一般名:トレニア(Torenia)、学名:Torenia fournieri(トレニア)、別名:ナツスミレ(夏菫)、ハナウリクサ(花瓜草)、Wishbone flower、bluewings、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ゴマノハグサ科(ハエドクソウ科)トレニア属(ツルウリクサ属) 、原産地:インドシナ半島、草丈:20~30 cm、茎断面:四角、葉序:対生、葉形:卵形、葉縁:鋸歯、左右相称花、開花期:5月~10月、花色:紫、桃、白、花の形:口唇形、花径:1.5~2 cm。
詳細情報
シソ
ゴマノハグサ
トレニア
トレニア
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
ピンク, 紫, 白
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月
高さ
20  ~ 30  [cm]
花径
1.5  ~ 2