かぎけん花図鑑

ユズリハ

基本情報
花名
ユズリハ
英名
Daphniphyllum macropodum
学名
Daphniphyllum macropodum
別名
オヤコグサ, 譲り葉, 親子草
原産地
中国、日本
生活型
常緑高木
コメント
ユズリハ(譲り葉、学名:Daphniphyllum macropodum)とは、中国、日本原産で、ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木です。花名は、春の新葉が出る時に古葉が落葉する様子が、席を譲るように見えることに拠ります。同様の現象は、別科別属ですが、クスノキ(楠)でも見られます。葉は茎先にまとまって付き、赤い葉柄が目立ちます。雌雄異株で、雄花は花弁が無く、初夏に薄黄色の葯だけを葉脇に多数付けて花序を成します。葯が破れて花粉を出すときに葯が紫褐色となります。雌株は、花後、房状の青緑色をした球形の小さな果実をぶらさげます。果実は、秋に黒熟し表面が粉をふいたように白くなります。果実にはアルカロイドをが含まれ中毒症状を起こすので食べられません。同科同属に、葉がユズリハより小さい、ヒメユズリハ(姫譲り葉)があります。
一般名:ユズリハ(譲り葉)、学名:Daphniphyllum macropodum、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物類ユキノシタ目ユズリハ科ユズリハ属、別名:オヤコグサ(親子草)、原産地:中国、日本、樹高:5〜10m、葉の観賞期:周年、葉形:細長い卵形、葉身:8〜20cm、葉幅:3〜7cm、葉色:緑、葉柄:赤・白、花序:総状花序、花弁:無、開花期:5月〜6月、葯色:薄黄〜紫褐色、花序高:4〜12cm、結実期:6月〜12月、果実径:0.8〜1cm、果実色:青緑〜黒。
詳細情報
ユキノシタ
ユズリハ
ユズリハ
ユズリハ
花のタイプ
花の配列
総状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 公園
赤, 紫
開花時期
5月 6月
高さ
500  ~ 1000  [cm]
花径
 ~