クスノキ

Cinnamomum camphora

  • クスノキ
  • クスノキ
  • クスノキ
  • クスノキ
  • クスノキ
  • クスノキ
  • クスノキ
  • クスノキ
  • 花名
    クスノキ
  • 学名
    Cinnamomum camphora
  • 別名クス, 楠, Camphor tree, Camphor Laurel
  • 原産地インド、東アジア、日本
  • 開花場所植物園, 公園, 街路、植栽
  • 開花期5月, 6月

クスノキとは

クスノキ(楠、学名:Cinnamomum camphora)は、インド、東アジア、日本原産で、クスノキ科ニッケイ属の半耐寒性常緑高木です。5月に、花序に小さな黄緑色い六弁花を咲かせます。樹皮は灰褐色で、全体的に縦方向の長い割れ目があります。葉に光沢があり、堅く先が尖った卵形で、基部から三行脈(主脈+左右にはっきりした側脈がある)が出ています。秋に、丸形の果実をつけます。果実は最初、緑だったものが、熟すと暗赤色に変わります。ユズリハ(譲り葉)と同様、春に新葉が出ると同時に古葉が落ちます。また、春の新芽がベニカナメモチ(紅要黐)と同様、赤葉します。古くから樟脳を採る原料に用いられ樹木全体から良い香がします。木部を蒸留し、医薬品の防虫剤となる樟脳や、殺菌剤、鎮痛剤、血行促進剤の原料となる樟脳油を採取するために植樹されましたが、公園木や庭園木ともなっています。名前の由来は、香があることから、奇(くす)しき木、それが転訛されてクスノキとなりました。

一般名:クスノキ(楠)、学名:Cinnamomum camphora、別名:クス(楠)、カンファーツリー(Camphor tree)、カンファーローレル(Camphor Laurel)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱クスノキ目クスノキ科ニッケイ属、原産地:インド、東アジア、日本、生息分布:関東以西の本州〜九州の日本、環境:日当たりと、水捌けの良い暖地、樹高:20〜55m、葉形:先尖の卵形、葉長:10〜12cm、葉幅:4〜5cm、葉色:緑、雌雄同花、両生花、花序:円錐花序、開花期:5月〜6月、花色:黄、花弁数:6枚、花径:0.8cm、果実型:漿果、果実径:球形、果実色:緑→黒、果実径:0.8cm、種子径:0.6cm。


  • クスノキ
  • クスノキ
  • ニッケイ
  • クスノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    6弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半耐寒性常緑高木
  • 花の色薄黄 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 5500.0 cm
  • 花径0.8 ~ 0.8 cm

ランダムな花