イエロー・アコナイト

Aconitum lycoctonum

有毒植物

  • イエロー・アコナイト
  • イエロー・アコナイト
  • イエロー・アコナイト
  • イエロー・アコナイト
  • 花名
    イエロー・アコナイト
  • 学名
    Aconitum lycoctonum
  • 別名
  • 原産地欧州~西アジア
  • 開花場所低山
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月

イエロー・アコナイトとは

イエロー・アコナイト(Yellow Aconite、学名:Aconitum lycoctonum)は、欧州~西アジア原産で、キンポウゲ科トリカブト属の多年草です。山野の湿った場所に自生します。夏、茎長から総状花序を伸ばし兜状の薄黄色の花を咲かせます。毒性の強い植物として知られます。

一般名:イエロー・アコナイト(Yellow Aconite)、学名:Aconitum lycoctonum(アコニツム・リコクトヌム)、Synonyms :Aconitum vulparia(アコニツム・ブルパリア) 、別名:アコニツム・ブルパリア(Aconitum vulparia)、Yellow Wolfsbane 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属 、原産地:欧州~西アジア、環境:湿っぽい林内や牧草地、野原、生活型:多年草、葉の形:腎臓形で掌となる、草丈:50~150 cm、 花色:薄黄、花序形:総状花序、花冠形:兜形、開花期:6月~9月、注記:猛毒。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • トリカブト
  • イエロー・アコナイト
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    仮面状花冠
  • 葉形
    腎臓形
  • 葉縁
  • 生活型多年草、毒草
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 150.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花