プリムラ・オブコニカ

Primula obconica

  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • プリムラ・オブコニカ
  • 花名
    プリムラ・オブコニカ
  • 学名
    Primula obconica
  • 別名トキワザクラ, シキザキサクラソウ, 四季咲き桜草, 常磐桜, プリムラ, Primula, オブコニカ
  • 原産地園芸品種、原種は中国西部~ヒマラヤ
  • 開花場所庭, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 12月
  • 花言葉しとやかな人

プリムラ・オブコニカとは

プリムラ・オブコニカ(P. obconica、学名:Primula obconica)は、中国西部~ヒマラヤ原産でサクラソウ科サクラソウ属の「プリムラ(Primula)」の園芸品種です。和名では、トキワザクラ(常磐桜)と呼ばれます。プリムラ・ポリアンサ(Primula polyantha、学名:Primula polyantha) と共にプリムラの代表的な園芸品種の一つです。葉が丸く大きく皺が入ります。花茎が長く、花茎先端から花序を伸ばし、プリムラとしては大きい花を多数咲かせます。弱点は寒さに弱いことと、プリミンで手が被れることです。その後、プリミンが含まない ’タッチミー’ という品種が開発されています。

一般名:プリムラ・オブコニカ(Primula obconica)、学名:Primula obconica 、分類名:植物界被子植物門真正双子葉ツツジ目サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)、別名:トキワザクラ(常磐桜)、シキザキサクラソウ(四季咲き桜草) 、原産地:園芸品種、原種は中国西部~ヒマラヤ、生活型:常緑多年草 、草丈:20~40 cm、花茎長:10~20 cm、花径:3~6 cm、花期:12月~4月、花色:赤、ピンク、白、青、紫。


  • ツツジ
  • サクラソウ
  • サクラソウ
  • プリムラ・オブコニカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色赤 桃 青
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 40.0 cm
  • 花径3.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花