プリムラ

Primula spp.

  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • プリムラ
  • 花名
    プリムラ
  • 学名
    Primula spp.
  • 別名Primula, セイヨウサクラソウ, 西洋桜草
  • 原産地園芸品種、原種は中国、ヨーロッパ~コーカサス
  • 開花場所鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 11月, 12月
  • 花言葉「永続する愛情」「神秘な心」「運命を開く」

プリムラとは

プリムラ(Primula、学名:Primula spp.)は、中国、ヨーロッパ~コーカサス原産で、サクラソウ科サクラソウ属の半耐寒性多年草(園芸的には、一年草)です。プリムラは、世界で500種以上あると言われるほど種類が豊富で、花色は黒以外全てあると言われるほど多色です。 通常、プリムラというと外国種をさしますが、日本原産種にはサクラソウ(桜草)があります。 花の少ない早春に咲くので、春を感じさせてくれる花として人気です。繁殖は通常、種子で行ないます。
可愛らしい花ですが、素手で触ると肌の弱い人は、被れますので注意が必要です。

●プリムラ(Primula)の代表的な品種
プリムラ・オブコニカ(Primula obconica)、プリムラ・マラコイデス(Primula malacoides)、プリムラ・ポリアンサ(Primula polyantha)、プリムラ・ジュリアン(Primula juriana)、{{プリムラ・シーボルディー}}(Primula sieboldii)があります。

一般名:プリムラ(Primula) 、学名:Primula spp.alt="プリムラ(Primula)" 、別名:セイヨウサクラソウ(西洋桜草) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉ツツジ目サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)、原産地:中国、ヨーロッパ~コーカサス、(園芸品種)、草丈:10~40 cm、花径:1.5~2 cm、花色:桃・濃桃・橙・黄・赤・白・青・紫など 、開花期:11月~4月。


  • ツツジ
  • サクラソウ
  • サクラソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    多散花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半耐寒性多年草/一年草
  • 花の色青 紫 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.0 cm

ランダムな花