エクメア・ファスキアタ

Aechmea fasciata

  • エクメア・ファスキアタ
  • エクメア・ファスキアタ
  • エクメア・ファスキアタ
  • エクメア・ファスキアタ
  • エクメア・ファスキアタ
  • エクメア・ファスキアタ
  • 花名
    エクメア・ファスキアタ
  • 学名
    Aechmea fasciata
  • 別名エクメア・ファッシアータ, Aechmea blanchetiana, シマサンゴアナナス, 縞珊瑚アナナス, Silver vase, queen's-tears, friendship plant
  • 原産地リオデジャネイロ
  • 開花場所温室
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉思慕の情

エクメア・ファスキアタとは

エクメア・ファスキアタ(学名:Aechmea fasciata)は、リオデジャネイロ原産でパイナップル科サンゴアナナス属の常緑多年性・着生植物です。白い横縞のある濃緑色の葉と桃色の花苞を観賞します。サンゴアナナス属の代表種で、葉に縞があることから、和名では、「シマサンゴアナナス(縞珊瑚アナナス)」とも呼ばれます。葉にある白い横縞の線は拭けば取れます。葉縁に刺があるものと無いものとがあります。
根際から生えるロゼッタ状の長く厚く硬質の根生葉の中央から、花茎を出しその先端から伸びた円錐花序に、松笠状で桃色の花のように見える花苞(葉が変形したもの)がつきます。実際の花は苞から出ている小さな紫色のもので、開花は5月から7月ですが、花弁が開かず3日で終了し観賞価値はありません。花のように見える大きなピンクの花苞は周年鑑賞できます。

一般名:エクメア・ファスキアタ(Aechmea fasciata)、学名:Aechmea fasciata(エクメア・ファスキアタ)、別名:シマサンゴアナナス(縞珊瑚アナナス)、silver vase、friendship plant、queen's-tears、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目パイナップル科サンゴアナナス属、原産地:リオデジャネイロ、環境:樹上に着生、生活型:常緑多年草、草丈:40〜60 cm、根生葉:ロゼッタ状で基部で水を貯える、開花時の葉数:20~30枚、葉身長:40~60 cm、葉幅:3~5 cm、葉縁:黒い棘有、葉色:濃緑色で葉に白い横縞(吸収鱗毛)有り 葉質:厚く長く硬質 葉形:広線形で先端は丸い、観賞期:1月~12月(観葉植物)、花序形:頭状花序/円錐花序、花序長:6~10 cm、花序径:15~20 cm、花苞:披針形で縁に鋸歯有、花苞色:ピンク、花色:紫。花弁数:3、萼数:3、花弁:開かず3日で終わる、雄蕊数:6、花茎長:10~20 cm、開花期:5月~7月、繁殖方法:実生。


  • イネ
  • パイナップル
  • シマサンゴアナナス
  • シマサンゴアナナス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
  • 葉縁
  • 生活型常緑多年性・着生植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 60.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.7 cm

ランダムな花