オオバコチチコグサ

Antennaria plantaginifolia

  • オオバコチチコグサ
  • オオバコチチコグサ
  • 花名
    オオバコチチコグサ
  • 学名
    Antennaria plantaginifolia
  • 別名大葉子父子草, Antennaria plantagifolia, plantain leaf pussytoes, woman's tobacco
  • 原産地北米東部
  • 開花場所野原・畦道, 低山
  • 開花期3月, 4月, 5月

オオバコチチコグサとは

オオバコチチコグサ(大葉子父子草、学名:Antennaria plantaginifolia)は、北米原産で、キク科アンテナリア属の多年草です。春、山野の草地で、花茎先端に灰褐色の頭花を多数かたまって咲かせます。花名は、北米産の{{チチコグサ}}(父子草)であり、葉がオオバコ(大葉子)に似ていることから付けられました。似た花に、頭花が黄色いハハコグサ(母子草)があります。

一般名:オオバコチチコグサ(大葉子父子草)、学名:Antennaria plantaginifolia、別名:plantain leaf pussytoes、woman's tobacco、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科エゾノチチコグサ属(アンテナリア属)、原産地:北米、草丈:10〜25cm、花色:灰褐色、開花期:春。


  • キク
  • キク
  • アンテナリア
  • オオバコチチコグサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    舌状形
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 25.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花