アークトチス

Arctotis × hybrida

  • アークトチス
  • アークトチス
  • アークトチス
  • アークトチス
  • 花名
    アークトチス
  • 学名
    Arctotis × hybrida
  • 別名ベニジオ・アークトチス, Venidio Arctotis, Arctotis, 羽衣菊, アルクトティス
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所庭, 植物園
  • 開花期3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月
  • 花言葉若き日の思い出

アークトチスとは

アークトチス(学名:Arctotis × Hybrida)は、南アフリカ原産でキク科の半耐寒性多年草です。
別名で、ハゴロモギク(羽衣菊)やアルクトティス(Arctotis)とも呼ばれます。葉は羽状深裂またはへら状で葉縁に鋸歯があり、綿毛があるため白っぽく見えます。似た花に、ディモルホセカ(Dimorphotheca、学名:Dimorphotheca sinuata)がありますが、そちらの葉は羽状深裂せず綿毛もありません。
春から夏に、ガーベラ(Gerbera、学名:Gerbera Hybrids)と似た花を咲かせます。園芸種が多数栽培されており、下記のような代表品種があります。

一般名:アークトチス(Arctotis)、学名:Arctotis × Hybrida、別名:ハゴロモギク(羽衣菊)、アルクトティス(Arctotis)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ハゴロモギク属、原産地:南アフリカ、 生活型:耐寒性多年、草丈:30〜70cm、葉序:互生、葉柄:有、花径:7〜10 cm、花色(舌状花):黄橙・白・桃・赤・紅・橙・黄・青、開花期:3月〜8月。

【代表品種】
●アークトチス・アカウリス(学名:rctotis acaulis):別名:ヒメアフリカギク、草丈:20~30cm、葉:根生葉、花径:7〜10cm、舌状花:橙・白・桃、頭状花:薄黄。  

●アークトチス・グランディス(学名:Arctotis grandis):別名:ハゴロモギク(羽衣菊)、葉形:長楕円形、鋸歯:有、草丈:70cm、花径:8cm、舌状花:白・黄・橙、頭状花:暗青色。  

●アークトチス・ヴェヌスタ(学名:Arctotis venusta):草丈:30cm、舌状花:水色。   

●アークトチス・ヒブリダ(学名:Arctotis Hybrida):親の種が不明な園芸品種。


  • キク
  • キク
  • ハゴロモギク
  • アークトチス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
  • 生活型半耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 70.0 cm
  • 花径7.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花