シルバー・スウォード

Argyroxiphium sandwicense

変態植物

  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • シルバー・スウォード
  • 花名
    シルバー・スウォード
  • 学名
    Argyroxiphium sandwicense
  • 別名Silver swords, 銀剣草
  • 原産地マウイ島とヒマラヤのみ
  • 開花場所特定の地域
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月

シルバー・スウォードとは

シルバー・スウォード(Silver swords、学名:Argyroxiphium sandwicense)とは、キク科ギンケンソウ属の高山性低木です。本種はマウイ島のハレアカラ山(Haleakalā)とハワイ島のマヌア・ケア(Mauna Kea)、ヒマラヤにしか生息しない、変態しながら成長する植物です。剣状の鋭い葉は銀毛で覆われるのでギンケイソウ(銀剣草)とも呼ばれます。花は赤紫色の舌状花と、黄色で先端が赤紫色の筒状花から成る頭花です。葉間から出た花茎先端に総状花序を伸ばし100~500個の頭花を付けます。10~50年に一稔性の花を咲かせ種を残して枯れ死します。受精をハワイ固有種 Hylaeus volcanica という蜂による行う虫媒花です。成長の過程は 変態植物シルバー・スウォードの成長 をご覧ください。

一般名:シルバー・スウォード(Silver swords)、学名:Argyroxiphium sandwicense(アルギュロクシビウム・サンドウィケンセ)、別名:銀剣草(ギンケンソウ)、Ahinahina(アヒナヒナ:ハワイ語)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ギンケンソウ属、樹高:3m、葉身長:30-40cm、花茎長:100-250cm、開花期:6月-10月、一稔性(一回結実性)、虫媒花、特徴:マウイ島とヒマラヤにしか生息しないといわれる変態植物。


  • キク
  • キク
  • ギンケンソウ
  • ギンケンソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
  • 生活型高山性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径2.5 ~ 3.0 cm

ランダムな花