ミミガタテンナンショウ

Arisaema limbatum var. ionostemma

  • ミミガタテンナンショウ
  • ミミガタテンナンショウ
  • 花名
    ミミガタテンナンショウ
  • 学名
    Arisaema limbatum var. ionostemma
  • 別名耳型天南星
  • 原産地 日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月

ミミガタテンナンショウとは

ミミガタテンナンショウ(耳型天南星、学名:Arisaema limbatum var. ionostemma)は日本原産でマムシグサ(蝮草)に似たサトイモ科テンナンショウ属の多年草です。 仏炎苞は薄緑色地または暗紫色で縦方向に白線が入っています。 花名の由来は、仏炎苞の開口部の下端が耳たぶのようにせり出していることに拠ります。

一般名:ホソバテンナンショウ(細葉天南星)
学名:Arisaema limbatum var. ionostemma
分類名:植物界被子植物単子葉類オモダカ目サトイモ科テンナンショウ属
原産地:日本、分布:本州、 環境:野山の林、
草丈:40~80cm、 球根有、 
葉形:鳥趾状、 
花序形:肉垂花序、 仏炎苞色:緑地か暗柴色で縦に白線、  開花期:5~6月、 
果実型:液果、 球茎:漢方薬「天南星」、  
備考:全草有毒、 


  • オモダカ
  • サトイモ
  • テンナンショウ
  • ミミガタテンナンショウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    肉穂花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    その他
  • 葉縁
    波状
  • 生活型多年草
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 80.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花