オオバナオケラ

Atractylodes ovata

  • オオバナオケラ
  • オオバナオケラ
  • 花名
    オオバナオケラ
  • 学名
    Atractylodes ovata
  • 別名Atractylodes ovata, 大花朮
  • 原産地中国
  • 開花場所
  • 開花期9月, 10月

オオバナオケラとは

オオバナオケラ(大花朮、学術名:Atractylodes macrocephala)は中国原産で、キク科オケラ属の多年生草本です。オケラ(学名:Atractylodes japonica )と比べて頭花が大きく花色は淡紅色です。根茎がビャクジツ(白朮)またはカラビャクジツという漢方薬になります。

一般名:オオバナオケラ(大花朮)、学術名:Atractylodes macrocephala、シノニム:Atractylodes ovata、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科オケラ属オオバナオケラ種、原産地:中国、生活型:多年生草本、葉形:侠披針形、茎葉長:4.5~7cm、葉幅:1.5cm、葉序:互生、葉縁:棘、花冠色:淡紅色、花冠長:1.7cm、花序:頭花、頭花径:2cm、開花期:9月~10月、果実型:瘦果、果実形:倒円錐形で冠毛あり。


  • キク
  • キク
  • オケラ
  • オオバナオケラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年生草本
  • 花の色赤 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 80.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花