エラチオール・ベゴニア

Begonia hiemalis hybrids

  • エラチオール・ベゴニア
  • エラチオール・ベゴニア
  • エラチオール・ベゴニア
  • エラチオール・ベゴニア
  • 花名
    エラチオール・ベゴニア
  • 学名
    Begonia hiemalis hybrids
  • 別名リーガースベゴニア, Elatior begonia, Riegers begonia, Winter flowerong begonia, ベゴニア・ヒエマリス
  • 原産地南米
  • 開花場所温室, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 9月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉親切

エラチオール・ベゴニアとは

エラチオール・ベゴニア(Elatior begonia、学名:Begonia hiemalis hybrids)は、南米原産で、シュウカイドウ科シュウカイドウ属の非耐寒性多年草(球根)です。球根ベゴニアとベゴニア・ソコトラナとの交配品種です。センパフローレンス(Senpa Florence)よりも花が大きく色鮮やかで豪華です。別名で、リーガースベゴニア(Riegers begonia)とも呼ばれますが、それはこの花を育成したドイツの農園名から付けられました。花色が豊富で、一年中、鉢植えで出まわっています。ベゴニア全般で品種を問わない花言葉は、白花が「親切」、赤が「公平」。エラチオールは「高貴」のようです。

一般名:エラチオール・ベゴニア(Elatior begonia)、学名:Begonia hiemalis hybrids(ベゴニア・ヒエマリス)、別名:リーガースベゴニア(Riegers begonia)、Winter flowerong begonia、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ウリ目シュウカイドウ科シュウカイドウ属、原産地:南米、草丈:30〜40cm、葉:左右非対称、葉序:互生、葉形:卵形又は心臓形、托葉数:2, 雌雄同株、雌雄異花、両性花、花序径:集散花序、花の咲く場所:頂生/腋生、開花期:周年、子房:下位・3個の翼状突起有、花径:5〜10cm、花色:赤・橙・黄・白・桃・覆輪、花の咲き方:一重・八重咲、雄花花弁数:4、雌花花弁数:5、果実:3翼有り。


  • ウリ
  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
  • ベゴニア・ヒエマリス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型非耐寒性常緑多年草(球根)
  • 花の色桃 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 40.0 cm
  • 花径5.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花