カブ

Brassica rapa var. glabra

  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • カブ
  • 花名
    カブ
  • 学名
    Brassica rapa var. glabra
  • 別名スズナ, 蕪, 鈴菜, Turnip, Celery cabbage
  • 原産地:アフガニスタン、地中海沿岸のヨーロッパ
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月

カブとは

カブ(蕪、学名:Brassica rapa var. glabra)はアフガニスタン、地中海沿岸のヨーロッパ原産で、アブラナ科アブラナ属の越年草の野菜です。日本では、春の七草の一つとされます。旧名をスズナ(鈴菜)と言います。ヨーロッパでは主に飼料とされますが日本では品種改良されたものを人間の食用野菜としています。 カブは胚軸(一般に根と言ってる部分)が肥大した部分を食べますが、茎や葉も食用となります。胚軸部は淡黄色野菜、葉・茎は緑黄色野菜となります。 胚軸の下に付いているものが根です。 主に、胚軸部を漬物や炊き合わせにして食べますが細胞壁が薄いので漬け過ぎや煮過ぎると形崩れして溶けます。 栄養価は淡黄色野菜である胚軸部は、ビタミンC、消化酵素アミラーゼが含まれます。 葉は緑黄色野菜で、カロテンやビタミンC、植物繊維、カルシウム、カリウムが含まれます。

一般名:カブ(蕪)、学名:Brassica rapa var. glabra、 別名:スズナ(鈴菜)、カブラ、Turnip、Celery cabbage 、 分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アブラナ目アブラナ科アブラナ属ラパ種カブ変種、原産地:アフガニスタン、地中海沿岸のヨーロッパ、草丈:30~50cm、葉形:ヘラ、開花期:3月 - 5月、花径:0.9-1 cm、花色:黄、花弁数:4枚、胚軸(根)色:白、胚軸直径:5cm、栽培期間:50日、可食部:胚軸の肥大化した部分と茎葉の部分、収穫時期:春(3月~5月)と秋(10月~11月)の年2回旬、栄養価:胚軸部:ビタミンC、消化酵素アミラーゼ 葉:カロテン、ビタミンC、植物繊維、カルシウム、カリウム、保存方法:球状の胚軸部と茎葉を切り分ける、効用:消化促進、風邪の予防。


  • アブラナ
  • アブラナ
  • アブラナ
  • ラパ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    へら形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型2年草
  • 花の色黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径0.9 ~ 1.0 cm

ランダムな花