キエビネ

Calanthe striata

日本原産で地上に生える蘭,自生ラン,海老名,甲殻類

  • キエビネ
  • キエビネ
  • キエビネ
  • キエビネ
  • キエビネ
  • キエビネ
  • 花名
    キエビネ
  • 学名
    Calanthe striata
  • 別名黄海老根, Calanthe striata, Ki-ebine, Siebold's hardy calanthe orchid, Siebold's hardy orchid
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国、(園芸品種)
  • 開花場所野原・畦道, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉謙虚な恋

キエビネとは

キエビネ(黄海老根、学名:Calanthe striata)は日本、朝鮮半島、中国原産で、ラン科エビネ属のエビネ(海老根、ebine)の春咲き原種です。4~5月に地上でエビネより少し大きい黄色花を咲かせます。

一般名:キエビネ(黄海老根)、学名:Calanthe striata、又名:Ki-ebine、Siebold's hardy calanthe orchid or Siebold's hardy orchid、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科エビネ属エビネ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、生息分布:北海道から沖縄の日本、環境:低山の林床など、生活型:常緑多年草、地下で球状の偽球茎が数個横に繋がる、草長:30〜60cm、単葉植物、葉色:緑、葉形:大きな楕円形~広楕円形で葉脈有、葉数:2~3枚、葉縁:全縁、左右総称花、合弁花冠、花序形:総状花序、花冠:ラン形、開花期:4月〜5月、花色:黄色、花径:3 cm、花の構成:萼片、側花弁、唇弁、花弁数:6、用途:鉢植え、庭植え、公園、コンテナ、盆栽、注記:虫媒花、絶滅危惧IB類。


  • キジカクシ
  • ラン
  • エビネ
  • エビネ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 60.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花