キンセンカ

Calendula officinalis

  • キンセンカ
  • キンセンカ
  • キンセンカ
  • キンセンカ
  • キンセンカ
  • キンセンカ
  • 花名
    キンセンカ
  • 学名
    Calendula officinalis
  • 別名金盞花, カレンデュラ, Calendula, Pot Marigold, トウキンセンカ, 唐金盞花
  • 原産地カナリア諸島などの南ヨーロッパ
  • 開花場所庭, 鉢花
  • 開花期3月, 4月, 5月, 6月
  • 花言葉「慈愛」、「静かな想い」

キンセンカとは

キンセンカ(金盞花、学名:Calendula officinalis)は、カナリア諸島などの南ヨーロッパ原産で、キク科キンセンカ属の一年草です。茎葉には独特の臭気があります。根生葉はヘラ型で、茎葉は長楕円形です。春~初夏に、橙色や黄色の頭花を咲かせます。花は朝開花し、夕方閉じる一日花です。属名の”Calendula” はラテン語の”Calendae”「毎月の第1日」、種小名の officinalis は「薬用の」という意味です。宿根草は、フユシラズ(冬知らず)と呼ばれます。

花言葉は「慈愛」、「静かな想い」です。

一般名:キンセンカ(金盞花)、学名:Calendula officinalis、分類名:植物界被子植物真性双子葉類キク目キク科キンセンカ属、別名:トウキンセンカ(唐金盞花)、カレンデュラ(Calendula)、ポット・マリーゴールド(Pot Marigold)、原産地:カナリア諸島などの南ヨーロッパ、生活型:一年草、草丈:30~90cm、
葉形:匙形~楕円形、葉長:10~15cm、葉序:互生、葉縁:鋸歯、花冠:頭状、花序:単頂花序、花径:10cm、花色:橙・黄、開花期:3月~6月、花の咲き方:一重、八重、果実:痩果、用途:庭、花壇、切り花、ハーブ、食用(エディブル・フラワー)、薬用。


  • キク
  • キク
  • キンセンカ
  • キンセンカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    へら形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色橙 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 90.0 cm
  • 花径7.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花