カトレア

Cattleya hybrids

国花:フィジー、コロンビア、ブラジル

  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • カトレア
  • 花名
    カトレア
  • 学名
    Cattleya hybrids
  • 別名Cattleya, カトレヤ
  • 原産地中南米の熱帯地方
  • 開花場所切り花・生け花, 温室
  • 開花期1月, 2月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉「魔力」、「魅惑的」

カトレアとは

カトレア(学名:Cattleya)は中南米原産で、ラン科カトレア属の非耐寒性多年草の欄です。原産地では高山の林床の岩上や樹上に着生します。優雅な姿形と芳香から洋蘭の代表格として、「蘭の女王」、「花の女王」とも呼ばれます。フィジーや、コロンビア、ブラジルの国花とされます。鉢植えやコサージュ、ブーケ等に用いられます。カトレアの花言葉は「魔力」、「魅惑的」です。

カトレアの花


草丈は20~50 cmです。バルブ(偽鱗茎)と呼ばれる紡錘形または棒状の茎から出た細長く硬い葉の付け根からた総状花序を伸ばし蘭形の花を咲かせます。
花は3枚の花弁と3枚の萼片から構成されます。花弁は2枚が平たく、1枚は唇弁(リップ)と呼ばれる尖った形をしています。萼片は、1枚の背がく片と、横に拡がる2枚の側がく片から成ります。開花期は10月~2月で、花径が5~15 cm、花色が桃 ・白・赤 ・橙 ・黄 ・赤紫・青紫・青・緑・唇弁だけ色が異なるものなど、1花茎当り1~10数輪を咲かせます。

カトレアの代表品種


  • ラビアタ(Cattleya labiata)
    カトレアの名前の由来となった原種の着生蘭。南米ベネズエラ~ブラジルで発見されたものを、ウイリアム カトレイがイギリスで栽培、開花させた。花径15cm前後。

  • ドゥイアナ(Cattleya dowiana)
    コスタリカ原産、花色は鮮黄色で唇弁が紅色で濃厚な香りがある。

  • パープラタ(Cattleya purpurata〕
    ブラジル原産重で、初夏咲き中大輪系カトレア。変異が大きく花色が異なる個体が多い。

  • ワルケリアナ〔C. walkeriana〕
    ブラジル原産で、小株ですが花径10cm前後と大きいです。

    一般名:カトレア(Cattleya)、学名:Cattleya、別名:カトレヤ、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科カトレア属、原産地:中南米の熱帯地方、環境:高山の林床、生活型:非耐寒性多年草、樹上や岩上に着生、草丈:20~50 cm、開花期:10月~2月(周年出回る)、花径:5~15 cm、花数(1花茎当り):1~10数輪、花色:桃 ・白・赤 ・橙 ・黄 ・赤紫・青紫・青・緑・唇弁だけ色が異なるもの。


    • キジカクシ
    • ラン
    • カトレア
    • 花のタイプ
      左右相称花
    • 花序
      総状花序
    • 花冠
      ラン形
    • 葉形
      長楕円形
    • 葉縁
      全縁
    • 生活型非耐寒性多年草、着生ラン
    • 花の色赤 桃 白
    • 葉の色
    • 実の色
    • 高さ20.0 ~ 50.0 cm
    • 花径5.0 ~ 15.0 cm

    ランダムな花