ケイオウザクラ

Cerasus cv. keio‐zakura

  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • ケイオウザクラ
  • 花名
    ケイオウザクラ
  • 学名
    Cerasus cv. keio‐zakura
  • 別名啓翁桜
  • 原産地日本
  • 開花場所切り花・生け花
  • 開花期3月

ケイオウザクラとは

ケイオウザクラ(啓翁桜、学名:Cerasus ‘Keio‐zakura’)は、シナミザクラ(支那実桜)台木にコヒガンザクラ(小彼岸)を接木して作出されたバラ科サクラ属の落葉小低木の栽培品種です。作出者である福岡県久留米市の良永敬太郎氏へ献上された名前です 。葉が開く前に開花します。切り花用の桜として用いられます。

一般名:ケイオウザクラ(啓翁桜)、学名:Cerasus ‘Keio‐zakura’ (Prunus X subhirtella cv. Keio-zakura)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属ケイオウザクラ種、生息分布:、樹高:5m、単葉、葉色:緑、葉形:楕円形、葉序:互生、葉縁:重鋸歯、花序:散形花序、花色:淡紅色、花の咲き方:一重咲、花弁サイズ:小輪、花径:1.5-2.5cm、花弁数:5、一総の花数:2-3輪、開花期:3月、用途:お正月飾り、フラワーアレンジメントの切り花用桜。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • ケイオウザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    重鋸歯状
  • 生活型落葉小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花