ヘイシチザクラ

Cerasus ‘heishichizakura’

  • ヘイシチザクラ
  • ヘイシチザクラ
  • ヘイシチザクラ
  • ヘイシチザクラ
  • 花名
    ヘイシチザクラ
  • 学名
    Cerasus ‘heishichizakura’
  • 別名平七桜, Cerasus‘Heishichizakura’
  • 原産地日本の園芸品種
  • 開花場所庭, 園芸品種
  • 開花期3月

ヘイシチザクラとは

ヘイシチザクラ(平七桜、学名:Cerasus‘Heishichizakura’)とは、サクラ(桜)の一品種です。オオカンザクラ(大寒桜)とカンヒザクラ(寒緋桜)の交雑種です。早春、濃紅紫色の一重咲きの花を下向きに咲かせます。静岡県の角田春彦氏が育種しました。花名は釜嶋屋平七氏に捧げられたものです。サクラはバラ目バラ科サクラ属の低中木です。詳細はサクラをご参照ください。

一般名:ヘイシチザクラ(平七桜) 、学名:Cerasus‘Heishichizakura’、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科サクラ属、原産地:日本 、樹高:3~8m、樹形:傘型、花の大きさ:中輪、花色:濃紅紫色、 花の咲き方:一重咲き、 花の咲く向き:下向き、 花弁数:5枚、開花期:3月上旬~3月中旬


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • ヘイシチザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花