ハナズオウ

Cercis chinensis

  • ハナズオウ
  • ハナズオウ
  • ハナズオウ
  • ハナズオウ
  • ハナズオウ
  • ハナズオウ
  • 花名
    ハナズオウ
  • 学名
    Cercis chinensis
  • 別名スオウバナ, 花蘇芳, 蘇芳花
  • 原産地中国、朝鮮半島
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期4月, 5月, 6月
  • 花言葉豊かな生涯

ハナズオウとは

ハナズオウ(花蘇芳、学名:Cercis chinensis)は、中国、朝鮮半島原産で、マメ科ハナズオウ属の耐寒性落葉低木です。葉が出る前に、枝から紅紫色の小花を直接咲かせます。花名は、紅色の染料「スオウ」で染められた色と、ハナズオウの花色が似ていることに拠ります。葉は黄緑色でハート形です。樹皮は漢方薬とされます。同じハナズオウ属に、葉が暗紫色になるアメリカハナズオウ(America花蘇芳)があります。

一般名:ハナズオウ(花蘇芳)、学名:Cercis chinensis、別名:スオウバナ(蘇芳花)、スオウギ(蘇芳木)、Chinese redbud(チャイニーズ・レッドバッド)、ユダ・ツリー(Judas‐tree)、分類名:植物界被子植物真双子葉類マメ目マメ科ハナズオウ属ハナズオウ種、原産地:中国、朝鮮半島 、樹高:2〜6 m、葉色:緑、葉形:心臓形、葉縁:全縁、花期:4月〜6月、花色:紅紫色・白、花径:2 cm、花の形:豆型、果実期:10月。


  • マメ
  • マメ
  • ハナズオウ
  • ハナズオウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 600.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花