シライトソウ

Chionographis japonica

  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • 花名
    シライトソウ
  • 学名
    Chionographis japonica
  • 別名白糸草, Chloranthus japonicus, ユキノフデ, 雪の筆
  • 原産地日本~朝鮮半島
  • 開花場所低山, 鉢花
  • 開花期5月, 6月

シライトソウとは

シライトソウ(白糸草、学名:Chionographis japonica)は、日本~朝鮮半島原産で、シュロソウ科シライトソウ属の常緑多年草です。 関東~九州の山林の湿った斜面や崖に自生します。 短い地下茎は直立或いは斜上します。
ロゼッタ状の根生葉の間から、初夏に花茎を出し、先端から穂状花序を伸ばし小さな白花を多数つけます。 花名は細長い花披片を白糸に見立てたことに拠ります。
属名の「Chionographis」はラテン語で「Chiono(雪)+graphis(筆)」、種小名の「japonica」は日本のと言う意味です。
別科別属(バラ科ワレモコウ属)で、花名に「糸草」が付くカライトソウ(唐糸草、学名:Sanguisorba hakusanesis)は桃色花を咲かせます。

一般名:シライトソウ(白糸草)、学名:Chionographis japonica、別名:ユキノフデ(雪の筆)、APG分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目シュロソウ科シライトソウ属、原産地:日本~朝鮮半島、生息環境:湿った斜面や崖、草丈:30~65 cm、葉柄:有、葉質:艶無し、葉形:線形、葉縁:波状、葉長:10~15cm、開花期:5月~6月、花序:穂状花序、花被片:6、花色:白、花序長:10~20 cm、花弁長:0.8~1.2 cm、果実:蒴果で長楕円形、種子形:長楕円形、用途:山野草、観賞用。


  • ユリ
  • シュロソウ
  • シライトソウ
  • シライトソウ
  • 花のタイプ
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    糸状
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 65.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花