フタリシズカ

Chloranthus serratus

  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • フタリシズカ
  • 花名
    フタリシズカ
  • 学名
    Chloranthus serratus
  • 別名Chloranthus serratus, 二人静
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所植物園, 低山
  • 開花期4月, 5月, 6月
  • 花言葉いつまでも一緒

フタリシズカとは

フタリシズカ(二人静、学名:Chloranthus serratus)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、センリョウ科チャラン属の多年草です。 初夏に、 北海道~九州の、薄暗い山地でに自生します。茎先から穂状花序を2本以上し、米粒大の白い小花(実際は雄蕊)を咲かせます。 花のように見えるのは3個の雄蕊で、花弁も萼も無い「無花被花」です。
同属異種で和名の似た花に、 ヒトリシズカ(一人静、学名:Chloranthus japonicus)があります。一人静の方が背が高くなり、 穂状花序の本数が多いです。また、花は似ていません。一人静とは、源義経の愛妾「静御前」に例えて付けられた花名です、「二人静」とは、静御前とその亡霊を例えられた名前です。 いずれにしても、ひっそりした暗い山道で見るとそのようなイメージを受けるのかもしれません。
属名の「Chloranthus」は、ラテン語の「 chloros(黄緑)」+「anthos(花)」と言う意味です。種小名の「serratus」は「鋸歯」がある。

一般名:フタリシズカ(二人静)、学名:Chloranthus serratus、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱センリョウ目センリョウ科チャラン属フタリシズカ種 、原産地:日本、朝鮮半島、中国、生息分布:北海道~九州、生活環境:山地、草丈:30~60 cm、葉序:対生、葉縁:円鋸歯、開花期:4月~6月、花序形:穂状花序、花穂長:~5 cm、花色:白、花径:0.2~0.3 cm、特徴:茎先に2本以上の穂状花序を出す、果実:漿果梨型。


  • センリョウ
  • センリョウ
  • チャラン
  • フタリシズカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
  • 生活型 多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 60.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.3 cm

ランダムな花