チャラン

Chloranthus spicatus

お茶の香りづけ

  • チャラン
  • チャラン
  • チャラン
  • チャラン
  • チャラン
  • チャラン
  • 花名
    チャラン
  • 学名
    Chloranthus spicatus
  • 別名金栗蘭, 茶蘭
  • 原産地中国
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月

チャランとは

チャラン(茶蘭、学名:Chloranthus spicatus)は、中国原産でセンリョウ科センリョウ属の常緑低木です。花名の由来は、茶に香りづけをするのに使われたことによります。属名のChloranthusは、ギリシャ語の chloros(黄緑の)、anthos(花)から成る合成語です。種小名のspicatusとは、ギリシャ語で、穂状花序の、という意味です。種小名の通り、茎から穂状花序を伸ばし、春、芳香のある薄黄の小花を多数つけます。草姿が乱れ難いので、観葉植物やインテリア、鉢植え、吊り籠、庭植えに用いられます。

一般名:チャラン(茶蘭)、学名:Chloranthus spicatus、別名:金栗蘭、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物センリョウ目センリョウ科センリョウ属、原産地:中国、生活型:常緑低木、樹高:50〜70cm、葉色:濃緑色、葉形:先端が尖った長楕円形、葉柄:短い、葉質:厚く光沢の有る皮質、葉長:5〜10cm、葉幅:3〜4cm、葉序:対生、葉縁:波状鋸歯、花序形:穂状花序、花色:薄黄、開花期:5月〜6月、芳香:花に有り、増やし方:挿し木、株分け


  • センリョウ
  • センリョウ
  • センリョウ
  • チャラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型常緑低木
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 70.0 cm
  • 花径0.4 ~ 0.6 cm

ランダムな花