イヌサフラン

Colchicum autumnale l.

毒草

  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • 花名
    イヌサフラン
  • 学名
    Colchicum autumnale l.
  • 別名コルチカム, オータムリリー , Autumn crocus , Colchicum
  • 原産地欧州~北アフリカ
  • 開花場所
  • 開花期9月, 10月, 11月
  • 花言葉危険な美しさ

イヌサフランとは

イヌサフラン(学名:Colchicum autumnale )は、欧州~北アフリカ原産でイヌサフラン科イヌサフランの球根植物です。球根から蕾を出してピンクの一重の花を咲かせます。花や草姿はサフラン(Saffron)や、クロッカスに似ていますが、イヌサフランは開花時に葉が無く花後に葉を出します。品種改良した園芸品が出回っており、白花や八重咲きのものがあります。球根や種に含まれるコルヒチンは種無しスイカの品種改良などに使われますが 有毒物質です。

一般名:イヌサフラン、学名:Colchicum autumnale 、別名:コルチカム、autumn crocus 、オータムリリー、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目イヌサフラン科イヌサフラン属、原産地:欧州~北アフリカ、草丈:15~20 cm、葉長さ:20~30cm、根生葉、葉序:互生、葉の出る時期:花が終わった翌年、花序:単項花序、花色:ピンク(原種、園芸品種)、白色(園芸品種)、開花期:春咲き、秋咲き(9~11月)、冬咲き、花茎長:15cm、雄蕊:6本、花径:4~15cm(園芸品種)、球根形:卵形、球根径:3 ~ 5 cm 、備考:イヌサフランには全草に有毒物質のコルヒチン(colchicine)が含まれ、食べると危険


  • ユリ
  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • イヌサフラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 20.0 cm
  • 花径4.0 ~ 15.0 cm

ランダムな花