シクラメン

Cyclamen persicum

イスラエルの国花

  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • シクラメン
  • 花名
    シクラメン
  • 学名
    Cyclamen persicum
  • 別名カガリビバナ, Cyclamen, 篝火花, Common cyclamen
  • 原産地地中海沿岸
  • 開花場所温室, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 10月, 11月, 12月
  • 花言葉「遠慮」、白花は:「清純」

シクラメンとは

シクラメン(Cyclamen、学名:Cyclamen persicum)は、地中海沿岸原産で、サクラソウ科シクラメン属の半耐寒性球根植物です。葉は根生葉で長い葉柄を持ち、形は心臓形をしています。葉には斑模様が有り、葉縁に歯牙が有ります。花は長い花柄の先端に単生し、受精すると花柄が螺旋状に巻きます。萼片は5枚で、花冠は5裂し、花弁が上に反り返って咲く様子が篝火(カガリビ)に似ているのでカガリビバナ(篝火花)とも呼ばれます。また、豚が好んでシクラメンの地下茎を食べるから、ブタノマンジュウ(豚の饅頭)やブタノパン(豚のパン)とも呼ばれます。昔、「シクラメンのかほり」という歌がありましたが、その当時は花に香りは無く不思議な歌詞と思いましたが、今では芳香のある品種も園芸栽培されています。属名の「Cyclamen」は、受精した花が螺旋状に丸まる性質から、ギリシャ語の「kiklos(キクロス、螺旋)」と付けられました。種小名の「persicum」はラテン語の「persicum(ペルシアの)」に由来します。花言葉の「遠慮」は、花が下を向いて咲くことに因ります。

一般名:シクラメン(Cyclamen)、学名:Cyclamen persicum、国花:イスラエル、別名:カガリビバナ(篝火花)、Common cyclamen(コモン・シクラメン)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サクラソウ科シクラメン属、原産地:地中海沿岸、草丈:30〜50 cm、生活型:半耐寒性球根植物、単葉、葉形:ハート型、花径:5 cm、花色:赤・白・桃・薄桃・黄、開花期:10月〜翌4月、果実:蒴果。


  • ツツジ
  • サクラソウ
  • シクラメン
  • シクラメン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    歯状
  • 生活型球根植物
  • 花の色白 桃 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花