キルトスぺルマ

Cyrtosperma spp.

  • キルトスぺルマ
  • キルトスぺルマ
  • キルトスぺルマ
  • キルトスぺルマ
  • 花名
    キルトスぺルマ
  • 学名
    Cyrtosperma spp.
  • 別名swamp taro, Cyrtosperma, giant swamp taro, ジャイアントスワンプタロ, キルトスペルマ, スワンプタロ
  • 原産地ニューギニア
  • 開花場所湿地, 温室
  • 開花期

キルトスぺルマとは

キルトスぺルマ(Cyrtosperma spp.)はニューギニア原産の栽培品種で、サトイモ科キルトスぺルマ属の巨大な常緑多年草です。草丈6m、葉長が3mになるものもあります。沼等の湿地で栽培され、肥大した根茎はタロイモで食用とされます。茎は赤茶色で鉤爪状の、棘が上向きに生えます。葉は大きな矢尻形をしています。花は雌雄同花で、黒褐色でこん棒状の肉垂花序に密に付きます。肉垂花序は紫茶色の仏炎苞に包まれます。

一般名:キルトスぺルマ(Cyrtosperma)、学名:Cyrtosperma spp.、別名:swamp taro、giant swamp taro、花被片:4~6枚、雄蕊数:4~6本、花序:肉垂花序で仏炎苞は紫茶色、


  • オモダカ
  • サトイモ
  • キルトスぺルマ
  • キルトスぺルマ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    肉穂花序
  • 花冠
  • 葉形
    矢じり形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 600.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花