ツクシ

Equisetum arvense

  • ツクシ
  • ツクシ
  • ツクシ
  • ツクシ
  • ツクシ
  • ツクシ
  • 花名
    ツクシ
  • 学名
    Equisetum arvense
  • 別名土筆, つくしんぼ, Equisetum arvense, スギナ, 杉菜
  • 原産地北半球
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「向上心」

ツクシとは

ツクシ(土筆、学名:Equisetum arvense)は、トクサ科トクサ属の多年生植物「スギナ(杉菜)」の胞子茎のことです。スギナは地下茎から栄養茎と胞子茎をますが、栄養茎をスギナ、胞子茎をツクシと呼びます。日本を含む北半球の北極と温帯地域全体に生息します。日本では、北海道~本州、四国、九州の全域に自生します。つくしは春に出て山菜ともされます。全体的に薄茶色を帯びており頭部に胞子を付けます。つくしの後の5月~8月に、緑色の栄養茎(スギナ)が出て全草を天日乾燥させたものが漢方の問荊となります。

一般名:ツクシ(土筆)、学名:Equisetum arvense、分類名:植物界シダ植物門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ属、開花期:3月~4月、つくしの茎長:10~15 cm、胞子形:六角形、胞子径:微小、スギナ(杉菜)の茎長:30cm、葉色:緑。


  • トクサ
  • トクサ
  • トクサ
  • スギナ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    その他
  • 葉形
    その他
  • 葉縁
    その他
  • 生活型多年生植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 15.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花