エウフォルビア レウコケファラ

Euphorbia leucocephala

  • エウフォルビア レウコケファラ
  • エウフォルビア レウコケファラ
  • エウフォルビア レウコケファラ
  • エウフォルビア レウコケファラ
  • エウフォルビア レウコケファラ
  • エウフォルビア レウコケファラ
  • 花名
    エウフォルビア レウコケファラ
  • 学名
    Euphorbia leucocephala
  • 別名白雪姫, Euphorbia leucocephala, snowflake euphorbia, Pascuita, Snows of Kilimanjaro
  • 原産地メキシコ~エルサルバドル
  • 開花場所鉢花
  • 開花期1月, 11月, 12月
  • 花言葉思慕

エウフォルビア レウコケファラとは

エウフォルビア レウコケファラ(学名:Euphorbia leucocephala)はメキシコ~エルサルバドル原産で、トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑低木です。樹高は2m以下で、良く分枝します。晩秋から初冬に、枝先から杯状花序を伸ばし小さな花を咲かせます。花は小さく目立たず、花序の下にあるヘラ状の白い苞葉が花のように見えます。枝を折ると白い乳液状の有毒物質(ホルボールエステル等)が出て被れます。白雪姫とも呼ばれます。同じトウダイグサ属には、
ポインセチア(Poinsettia、学名:Euphorbia pulcherrima)や、
ショウジョウソウ(猩々草、学名:Euphorbia cyathophora)
ハツユキソウ(初雪草、学名:Euphorbia marginata)
ミドリサンゴ(緑珊瑚、学名:Euphorbia tirucalli)
イワタイゲキ(岩大戟、学名:Euphorbia jolkiniis
などがあります。

一般名:エウフォルビア レウコケファラ(Euphorbia leucocephala)、学名:Euphorbia leucocephalaoliaia、又名:シラユキヒメ(白雪姫)、Pascuita、Snows of Kilimanjaro、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トウダイグサ科トウダイグサ属エウフォルビア レウコケファラ種、原産地:メキシコ~エルサルバドル、葉形:披針形、葉長:3 cm、葉縁:全縁、葉序:輪生、葉柄:有、花形:杯形花序、花色:白、子房:3室、果実型:蒴果。


  • キントラノオ
  • トウダイグサ
  • トウダイグサ
  • エウフォルビア レウコケファラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    杯形花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 300.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花