チシマフウロ

Geranium erianthum

  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • 花名
    チシマフウロ
  • 学名
    Geranium erianthum
  • 別名千島風露, Geranium, フウロ, Chishima Furo
  • 原産地中国、日本、ロシア、北米、英国
  • 開花場所野原・畦道, 低山, 亜高山
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉「変わらぬ信頼」「陽気」

チシマフウロとは

チシマフウロ(千島風露、学名:Geranium erianthum)は、礼文島原産で、フウロソウ科フウロソウ属の多年草です。北海道から東北の亜高山~高山で岩場や草地に自生します。草丈は20〜50 cmです。葉は掌状に5〜7深裂します。5月〜8月に、花茎の先端から伸ばした花序に薄紫色の五弁花を数輪付けます。


花名の由来


和名は、日本では礼文島で最初に発見されたのでその名があります。属名の「Geranium(ゲラニウム/ゼラニウム」 はラテン語の「geranos(鶴)」に由来し、長い果実を鶴の嘴に例えて命名されました。種小名の「erianthum」は、ギリシャ語で「eri-(柔毛に覆われた)」+「anthum(花)」の複合語で、「柔毛に覆われた花」と言う意味で、花弁底部と萼に長い白毛があることに拠ります。


フウロの仲間


アケボノフウロ(曙風露、学名:Geranium sanguineum)ー花径
1cm以下で小さい。
アメリカフウロ(学名:Geranium carolinianum)
エゾフウロ(蝦夷風露、学名:Geranium yezoense)-ハクサンフウロの基本種。
グンナイフウロ(郡内風露、学名:Geranium eriostemon var. reinii)
ゲンノショウコ(現の証拠、学名:Geranium thunbergii )
チシマフウロ(千島風露、学名:Geranium erianthum)ー(亜)高山
ハクサンフウロ(学名:Geranium yesoemse var. nipponicum)

特集 フウロ

一般名:チシマフウロ(千島風露)、学名:Geranium erianthum、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フウロソウ目フウロソウ科フウロソウ属チシマフウロ種、原産地:礼文島、草丈:20-50 cm、葉色:緑色、葉形:掌状に5-7深裂、開花期:5月ー8月、花序形:集散花序、花柄:毛多し、1花序に付く花数:10数個、花色:青紫色、花冠形:五弁花、花径:3cm、花長:2-3 cm、果実径:3 cm、注記:花弁底部と萼に長い白毛があります。

■関連ページ
チシマフウロ(千島風露、学名:Geranium erianthum)
特集 フウロ


  • フウロソウ
  • フウロソウ
  • フウロソウ
  • チシマフウロ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
  • 生活型多年草の高山植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 50.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花