チシマフウロ

Geranium erianthum

  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • チシマフウロ
  • 花名
    チシマフウロ
  • 学名
    Geranium erianthum
  • 別名千島風露, Geranium
  • 原産地礼文島
  • 開花場所野原・畦道, 低山, 亜高山
  • 開花期6月, 7月, 8月

チシマフウロとは

チシマフウロ(千島風露、学名:Geranium erianthum)は、礼文島原産で、フウロソウ科フウロソウ属の多年草です。亜高山~高山の岩場や草地に自生します。初夏、花茎の先端から伸ばした花序に薄紫色の五弁花を数輪付けます。葉は掌状に5〜7深裂します。

一般名:チシマフウロ(千島風露)、学名:Geranium erianthum、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フウロソウ目フウロソウ科フウロソウ属チシマフウロ種、原産地:礼文島、草丈:20〜50 cm、花色:紫、開花期:6月〜8月、各花長:2〜3 cm、果実径:3 cm。


  • フウロソウ
  • フウロソウ
  • フウロソウ
  • チシマフウロ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
  • 生活型多年草の高山植物
  • 花の色青 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 50.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花