ギリア・カピタータ

Gilia capitata

  • ギリア・カピタータ
  • ギリア・カピタータ
  • ギリア・カピタータ
  • ギリア・カピタータ
  • 花名
    ギリア・カピタータ
  • 学名
    Gilia capitata
  • 別名Fineflower Gilia, Gilia, タマザキヒメハナシノブ, blue-thimble-flower, blue field gilia, アメリカハナシノブ
  • 原産地北米西部
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月

ギリア・カピタータとは

ギリア・カピタータ(学名:Gilia capitata)は北米西部原産でハナシノブ科ギリア属の一年草です。
葉は羽状で輪生します。茎は直立し、上部で多数分枝します。
春に、花茎先端に青紫の小花を多数まとめて球状花を咲かせます。

一般名:ギリア・カピタータ(Gilia capitata)、学名:Gilia capitata、別名:タマザキヒメハナシノブ、アメリカハナシノブ、blue-thimble-flower、blue field gilia、globe gili、
分類名:植物界被子植物真正双子葉植物類ツツジ目ハナシノブ科ギリア属(ヒメハナシノブ属)、 
原産地:アラスカ。カリフォルニア、オレゴン、キシコ北部の北米西部、生育環境:砂地、 
草丈:30〜90 m、草幅:20~50 cm、茎:直立、生活型:一年草、 
葉形:羽状、葉序:輪生、花序径:3〜4 cm、花色:青紫、白、花弁数:5枚、開花期:4月~7月、用途:切花、鉢植。


  • ツツジ
  • ハナシノブ
  • ヒメハナシノブ
  • タマザキヒメハナシノブ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
    歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 90.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花