グロリオサ

Gloriosa superba

車・バイク,ほ乳類名

  • グロリオサ
  • グロリオサ
  • グロリオサ
  • グロリオサ
  • グロリオサ
  • グロリオサ
  • 花名
    グロリオサ
  • 学名
    Gloriosa superba
  • 別名グロリオーサ, Gloriosa, 狐百合, 百合車, キツネユリ
  • 原産地熱帯アフリカとアジア
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 温室, 畑
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉天分、栄光に満ちた世界

グロリオサとは

グロリオサ(Gloriosa、学名:Gloriosa superba)は、熱帯アフリカ原産で、イヌサフラン科グロリオーサ属の半蔓性・半耐寒性の球根植物です。草丈は矮性が50〜高性が200 cm程です。日本でも園芸品種が育種されています。夏に、赤や橙、黄色の直径10 cm程の花を咲かせます。花弁は細長く端が波打ち反り返って咲きます。球根にはコルヒチンが含まれ痛風の薬となる一方、猛毒なので食べられません。生花や盛花に用いられます。花言葉は「天分、栄光に満ちた世界」です。

■グロリオサの原種&品種
代表品種である熱帯アフリカノコンゴ原産で濃赤に黄色の縁取りがある「グロリオサ・ロスチャイルディアナ(Gloriosa rothschildiana)」、
熱帯アフリカ原産で咲き始めは黄色で朱色に変わる「グロリオサ・スペルバ(Gloriosa superba)」、
スペルバの園芸品種で草丈が高く細長い黄色花を咲かせる「グロリオサ・スペルバ ‘ルテア’(Gloriosa superba 'Lutea’)」、
熱帯アフリカ原産で橙色の小輪花「グロリオサ・シンプレックス(Gloriosa simplex)」、
小輪で黄花の切り花用品種「グロリオサ'セントレア・マスコット・イエロー'(Gloriosa 'Centrair Mascotte Yellow')」、
高知県産で赤い花弁が多く背の高いグロリオサ・ミサトレッド「(Gloriosa Misatread)」、
ミサトレッドを改良して育種した矮性の「グロリオサ・サザンウィンド(Gloriosa Southern Wind)」、
赤紫に黄色班があるグロリオサ・カルソニー「Gloriosa Carthony」。

一般名:グロリオサ(Gloriosa)、学名:Gloriosa superba、別名:グロリオーサ、キツネユリ(狐百合)、ユリグルマ(百合車)、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目イヌサフラン科グロリオサ属、原産地:熱帯アフリカ、草丈:50〜150 cm、開花期:6月〜8月、花色:赤・黄・橙・桃色、花径:10 cm、用途:生け花・盛り花・花壇。


  • ユリ
  • イヌサフラン
  • グロリオサ
  • グロリオサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    6弁花
  • 葉形
    円筒形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半蔓性・半耐寒性の球根植物
  • 花の色赤 橙 黄 白 その他
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 200.0 cm
  • 花径8.0 ~ 12.0 cm

ランダムな花