フウセントウワタ

Gomphocarpus physocarpus

  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • 花名
    フウセントウワタ
  • 学名
    Gomphocarpus physocarpus
  • 別名フウセンダマノキ, 風船唐綿, 風船玉の木, hairy balls, balloonplant, balloon cotton-bush
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期8月, 9月
  • 花言葉楽しい生活

フウセントウワタとは

フウセントウワタ(風船唐綿、学名:Gomphocarpus physocarpus)は、南アフリカ原産で、キョウチクトウ科フウセントウワタ属多年草です。緑色の葉は細長く、茎に対生して付きます。夏に、フクシア(Fuchsia)と似た星形の白い小花を下向きに咲かせます。秋に、表面に剛毛がある、風船のように膨れた果実が成ります。果実ははじけると白い綿毛の付いた種子が出ます。果実の形が面白いので、切花や生け花等に使われます。他に、風船という名前が付く植物に、フウセンカズラ(風船葛)In addition, for plants that swell like balloons, があります。

一般名:フウセントウワタ(風船唐綿)、学名:Gomphocarpus physocarpus、別名:hairy balls、balloonplant、balloon cotton-bush、フウセンダマノキ(風船玉の木)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目キョウチクトウ科フウセントウワタ属フウセントウワタ種、原産地:南アフリカ、生活型:多年草(1年草)、草丈:1〜2 m、葉身:10 cm、花色:白、開花期:8月〜9月、花径:1.5 cm、結実期:9月〜10月、果実色:緑、特徴:風船形をした果実が人気で生け花などに用いられる。


  • リンドウ
  • キョウチクトウ
  • フウセントウワタ
  • フウセントウワタ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花