ホヤ・ベラ

Hoya lanceolata ssp. bella

  • ホヤ・ベラ
  • ホヤ・ベラ
  • ホヤ・ベラ
  • ホヤ・ベラ
  • 花名
    ホヤ・ベラ
  • 学名
    Hoya lanceolata ssp. bella
  • 別名Hoya lanceolata , bella, サクララン, 桜蘭, ホヤベラ, miniature wax plant, Hoya bella
  • 原産地ヒマラヤ~ミャンマー
  • 開花場所温室, 園芸品種, 鉢花
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月
  • 花言葉「人生の出発」「人生の門出」

ホヤ・ベラとは

ホヤ・ベラ(Hoya bella、学名:Hoya lanceolata ssp. bella)は、ヒマラヤ~ミャンマー原産で、ガガイモ科ホヤ属(サクララン属)の熱帯性・蔓性・常緑低木です。サクララン(桜蘭)とも呼ばれます。初夏~秋に、茎先や葉腋から散形花序を伸ばし、星型の花を8~10輪咲かせます。蕾の時はピンクで、開花すると白地で真ん中にある副花冠は赤紫色のい星型となります。花には芳香があります。'セブン・スター'は花を7輪咲かせる品種です。

共同名:ホヤ・ベラ(Hoya bella)、学名:Hoya lanceolata ssp. bella、又名:miniature wax plant、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目ガガイモ科ホヤ属(サクララン属)、別名:サクララン(桜蘭)、原産地:ヒマラヤ~ミャンマー、草丈:30 - 100 cm、葉形:単葉・楕円形、葉序:対生、葉色:緑、葉縁:全縁、葉柄:短い、開花期:5月~9月、花序形:散形花序、蕾色:淡紅色、花径:2 cm、花質:蝋状、花色:白(蕾はピンク)、果実型:蒴果。


  • リンドウ
  • ガガイモ
  • ホヤ
  • ホヤ・ベラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型熱帯性・蔓性・常緑広葉低木、多肉植物
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花