ヒアシンス

Hyacinthus orientalis

  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • ヒアシンス
  • 花名
    ヒアシンス
  • 学名
    Hyacinthus orientalis
  • 別名コモンヒアシンス, ヒヤシンス, Hyacinth, Common hyacinth
  • 原産地ギリシャやトルコなどの地中海沿岸
  • 開花場所庭, 鉢花
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 12月
  • 花言葉全般:「悲しみを越えた愛」、白花:「控えめな愛らしさ」、赤花:「嫉妬」

ヒアシンスとは

ヒアシンス(ヒヤシンスとも言う。Hyacinth、学名:Hyacinthus orientalis)は 地中海沿岸原産で、キジカクシ科ヒアシンスの耐寒性球根植物です。比較的栽培しやすい植物です。ヒヤシンスの仲間にツリガネズイセン(釣鐘水仙) 、別名でシラー・カンパニュラータがあります。園芸品種が多数作られています。
アサガオ(朝顔)と同様、小学校では、理科の授業でヒアシンスを水耕栽培し、植物の成長を学習するのに使われます。葉は肉厚で細長く先端が尖っています。冬から翌春に、葉の根元から出た太い花茎の先端から総状花序を伸ばし、漏斗状の小花を多数集合させて咲かせます。花色は青が基本色ですが、豊富で青紫や、白、ピンク、赤、橙、黄色などがあります。水捌けの良い用土と日向を好みます。花壇植えや、鉢植え、切花に用いられます。
【花言葉】全般:「悲しみを越えた愛」、赤花:「嫉妬」、白花:「控えめな愛らしさ」、黄色花:あなたとなら幸せ」

一般名:ヒアシンス(Hyacinth)、学名:Hyacinthus orientalis、別名:ヒアシンス(Hyacinth)、コモンヒアシンス(Common hyacinth)、ニシキユリ(錦百合)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科ヒアシンス属ヒアシンス種、原産地:ギリシャやトルコなどの地中海沿岸、生活型:耐寒性球根植物、草丈:20~30 cm、花色:青紫・白・ピンク・赤・黄色、開花期:12月~翌年4月、花径:2~3 cm、花穂長:10~20 cm。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ヒヤシンス
  • ヒヤシンス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性球根植物
  • 花の色白 紫 桃 青
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花