チガヤ

Imperata cyindrica

野草,雑草

  • チガヤ
  • チガヤ
  • チガヤ
  • チガヤ
  • チガヤ
  • チガヤ
  • 花名
    チガヤ
  • 学名
    Imperata cyindrica
  • 別名茅萱, Imperata cyindrica, cogongrass, Chigaya
  • 原産地アフリカ、アジア、オーストラリア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉「親しみ深い」「子供の守護神」

チガヤとは

チガヤ(茅萱、学名:Imperata cyindrica)はアフリカ、アジア、豪州原産で、イネ科チガヤ属の多年生の雑草です。北海道から沖縄の日本全国で畔や草原に自生します。根茎から茎を多数出して群生します。初夏の展葉前に花茎を伸ばし、赤褐色をした尾状の花穂を出します。花穂は多数の披針形をした小穂から構成されます。小穂の基部にはよく目立つ銀白色をした長毛で包まれます。土中深くを丈夫な根茎で拡散するので抜きにくく厄介な野草とされます。

一般名:チガヤ(茅萱)、学名:Imperata cyindrica、又名:Chigaya, cogongrass, 分類名:植物界被子植物単子葉植物イネ目イネ科チガヤ属、茎高:30~60cm、葉長:20~40cm、葉形:広線形、花色:赤褐色、花序形:尾状、小穂:披針形、小穂長:0.5cm、開花期:5~6月。


  • イネ
  • イネ
  • チガヤ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    尾状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草、雑草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 60.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.3 cm

ランダムな花