テイキンザクラ

Jatropha integerrima

  • テイキンザクラ
  • テイキンザクラ
  • テイキンザクラ
  • テイキンザクラ
  • 花名
    テイキンザクラ
  • 学名
    Jatropha integerrima
  • 別名提琴桜, Peregrina, Spicy Jatropha, Jatropha
  • 原産地キューバ等の西インド諸島
  • 開花場所亜熱帯地域, 沖縄
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月

テイキンザクラとは

テイキンザクラ(提琴桜、学名:Jatropha integerrima)は、キューバ等の西インド諸島原産でトウダイグサ科ナンヨウアブラギリ属の熱帯常緑性小低木です。春から初夏に、枝先から垂れた花茎から出た集散花序に桃色の五弁花を多数咲かせます。葉は緑色の卵形で、葉の典型的な形と色をしています。葉がバイオリンに似ていることからテイキンザクラ(提琴桜)と呼ばれます。 花名に桜と付くことや、花の形、花色が桜に似ていますが、サクラ科の植物ではありません。

一般名:テイキンザクラ(提琴桜)、学名:Jatropha integerrima、別名:Jatropha(ヤトロファ)、Rose-flowered Jatropha(ローズ・フラワード・ヤトロファ)、Peregrina、Spicy Jatropha、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオトウダイグサ科ナンヨウアブラギリ属(ヤトロファ属)テイキンザクラ種 、原産地:キューバ、生活型:常緑小低木、樹高:2m、葉色:緑、葉形:卵形でバイオリンに似ている、葉縁:全縁、花序形:集散花序、花色:桃色・鮮紅色、花弁数:5枚、花径:2〜3cm、開花期:4月-7月、果実形:蒴果、種子数:6。


  • キントラノオ
  • トウダイグサ
  • ナンヨウアブラギリ
  • テイキンザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型南国の常緑性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 200.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花