オオモクゲンジ

Koelreuteria bipinnata

  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • 花名
    オオモクゲンジ
  • 学名
    Koelreuteria bipinnata
  • 別名マルバノモクゲンジ, Golden-rain tree, ゴールデンレインツリー, Chinese flame tree, Chinese golden rain tree, フクロミモクゲンジ
  • 原産地中国
  • 開花場所墓地・寺院
  • 開花期9月, 10月

オオモクゲンジとは

オオモクゲンジ(大木欒子、学名:Koelreuteria bipinnata)は、中国原産で、ムクロジ科モクゲンジ属の落葉広葉高木です。クロミモクゲンジ(袋実木欒子)とも呼ばれます。本州中部以西に自生します。夏~秋に、枝先から円錐花序を伸ばし黄色い小花を横向きに多数咲かせます。花には4枚の黄色い花弁と赤い付属体があります。果実はふくらんだ袋状になります。名前はモクゲンジより葉が大きいことに拠ります。

一般名:オオモクゲンジ(大木欒子)、学名:Koelreuteria bipinnata、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ムクロジ科モクゲンジ属、別名:フクロミモクゲンジ(袋実木欒子)、Chinese flame tree, Chinese golden rain tree、マルバノモクゲンジ、golden-rain tree(黄金色の雨)、原産地:中国、生活型:落葉広葉高木 、生息分布:本州中部以西に自生、樹高:15~20m、樹皮色:灰褐色、葉形:奇数2回羽状複葉、葉序:1回目の複葉は互生、2回目の複葉は対生、小葉の鋸歯:幼木は重鋸歯、成木は全縁、葉身長:10cm、葉色:緑→黄(秋)、両性花、花序形:円錐花序、開花期:8月〜10月、花序長:30cm、花色:黄色、花弁長:7cm、花径:1cm、萼数:8、花弁数:5枚のうち、1枚が退化、雄蕊数:8、果実袋色:淡紅色、結実期:10月〜11月、果実袋長:5cm、種子長:0.5~0.7cm、種子形:球形、種子色:黒、種子数:3、用途:シンボルツリー 、墓地樹、寺院樹、種子から数珠。


  • ムクロジ
  • ムクロジ
  • モクゲンジ
  • オオモクゲンジ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    2回羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉広葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花