レブンウスユキソウ

Leontopodium discolor

  • レブンウスユキソウ
  • レブンウスユキソウ
  • レブンウスユキソウ
  • レブンウスユキソウ
  • 花名
    レブンウスユキソウ
  • 学名
    Leontopodium discolor
  • 別名エゾウスユキソウ, 礼文薄雪草, 蝦夷薄雪草, Leontopodium discolor, Rebun-usuyukisou
  • 原産地礼文島、北海道の高山
  • 開花場所北海道
  • 開花期6月, 7月, 8月

レブンウスユキソウとは

レブンウスユキソウ(礼文薄雪草、学名:Leontopodium discolor)は、北海道固有種で、キク科ウスユキソウ属の高山性多年草です。地下茎からロゼット葉と直立した花茎を出します。花のように見えるのは苞葉で、白い綿毛が全草に密集しているのを、薄雪に見立てて命名されました。頭花は黄色い筒状花のみで、中央が雄性、周囲が雌性です。さらなる情報はレブンウスユキソウ(礼文薄雪草) 【かぎけんWEB】 をご参照ください。

一般名:レブンウスユキソウ(礼文薄雪草)、学名:Leontopodium discolor、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ウスユキソウ属、別名:エゾウスユキソウ(蝦夷薄雪草)、原産地:礼文島、北海道の高山、草丈:15〜30cm、苞葉色:白、茎葉数:10〜20枚、葉序:互生、 葉形:被針形、開花期:6月中旬〜8月中旬、頭花:黄色の筒状花。


  • キク
  • キク
  • ウスユキソウ
  • レブンウスユキソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型高山性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15 ~ 30 cm
  • 花径0 ~ 0 cm

ランダムな花