フランスギク

Leucanthemum vulgare

  • フランスギク
  • フランスギク
  • フランスギク
  • フランスギク
  • フランスギク
  • フランスギク
  • 花名
    フランスギク
  • 学名
    Leucanthemum vulgare
  • 別名ox-eye daisy, oxeye daisy, dog daisy, Leucanthemum vulgare
  • 原産地ヨーロッパ
  • 開花場所野原・畦道, 庭
  • 開花期6月, 7月

フランスギクとは

フランスギク(France菊、学名:Leucanthemum vulgare)は、ヨーロッパ原産で、キク科フランスギク属の多年草です。日本では帰化植物となっています。
花は、マーガレット(Marguerite、学名:Argyranthemum frutescens)とよく似ています。両者の違いは以下の通りです。

●マーガレットとフランスギクの違い
マーガレットの葉はコスモスのように羽状ですが、フランスギクの葉はへら状です。

一般名:フランスギク(France菊)、学名:Leucanthemum vulgare、又名:ox-eye daisy、oxeye daisy、dog daisy、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科フランスギク属、原産地:ヨーロッパ、草丈:30~80 cm、茎:直立、根生葉、茎葉形:ヘラ形で基部は少し茎を抱く、茎葉長:8 cm、葉縁:鋸歯、葉序:互生、葉色:緑、花序:頭状花、頭花径:5~6 cm、花色:白(舌状花)と黄(筒状花)、筒状花:両性花、舌状花:雌性花、開花期:6月~7月、花弁数:多数、総苞形:皿形、総苞片形:長楕円形、総苞片数:3~4列、用途:庭植え、道端、空き地。


  • キク
  • キク
  • フランスギク
  • フランスギク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 80.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花