コスモス

Cosmos bipinnatus

  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • コスモス
  • 花名
    コスモス
  • 学名
    Cosmos bipinnatus
  • 別名アキザクラ, Cosmos, 秋桜, オオハルシャギク, 大春車菊
  • 原産地メキシコ
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 切り花・生け花
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉調和

コスモスとは

コスモス(Cosmos 、学名:Cosmos bipinnatus)は、メキシコ原産で、キク科コスモス属の非耐寒性一年草です。八枚の舌状花と中央部で少し盛り上がる黄色い筒状花を咲かせます茎は直立し、葉は二回羽状複葉で線形に細かく裂けています。 サクラ(桜、cherry)が日本の春を代表する花とするなら、本種はキク(菊)と共に秋を代表する花です。漢字で本種を秋桜と書きます。筒状花が咲き終わると種子が出来て地面に落ち繁殖します。秋風にたなびく姿は物悲しいですが、風情があります。本種と似た花に、同属のキバナコスモス(黄花秋桜)があります。
■花言葉 全体:「調和」、白花:「優美」「美麗」、赤花:「乙女の愛情」、桃色花:「乙女の純潔」、 黄色花:「野生の美しさ 」

一般名:コスモス(Cosmos) 、学名:Cosmos bipinnatus(コスモス・ビピンナタス) 、別名:オオハルシャギク(大春車菊)、アキザクラ(秋桜)、オオハルシャギク(大ハルシャ菊)、原産地:メキシコ、環境:高原、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科コスモス属、草丈:50〜100 cm、花径:6〜8 cm、開花期:6月〜11月、花色:桃・赤・白・黄・橙。


  • キク
  • キク
  • コスモス
  • コスモス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    2回羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性一年草
  • 花の色桃 白 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50 ~ 100 cm
  • 花径6 ~ 8 cm

ランダムな花