ベニスジヤマユリ

Lilium auratum var. rubrovittatum

  • ベニスジヤマユリ
  • ベニスジヤマユリ
  • ベニスジヤマユリ
  • ベニスジヤマユリ
  • 花名
    ベニスジヤマユリ
  • 学名
    Lilium auratum var. rubrovittatum
  • 別名紅筋山百合, Lilium auratum var. rubrovittatum, benisuji yamayuri
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期7月, 8月

ベニスジヤマユリとは

ベニスジヤマユリ (紅筋山百合、学名:Lilium auratum var. rubrovittatum)は、日本固有種で、ユリ科ユリ属の球根植物「ヤマユリ(山百合、学名:Lilium auratum)」の変種です。花弁の中央に金色帯の代わりに、赤紫の帯が入ります。

一般名:ベニスジヤマユリ (紅筋山百合)、学名:Lilium auratum var. rubrovittatum、草丈:100~150 cm、生息分布:本州中部~東北、環境:山野の林縁、分類名:植物界被子植物単子葉植物ユリ目ユリ科ユリ属ヤマユリ種、草丈:100~150 cm、葉序:互生、葉色:緑色、花色:白、花被片数:6、雄蕊数:6、雌蕊数:1、開花期:7月~8月、花径:15~18 cm、果実型:蒴果。


  • ユリ
  • ユリ
  • ユリ
  • ヤマユリ種ベニスジヤマユリ変種
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    ユリ形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草、球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径15.0 ~ 18.0 cm

ランダムな花