ミズキンバイ

Ludwigia stipulacea

  • ミズキンバイ
  • ミズキンバイ
  • 花名
    ミズキンバイ
  • 学名
    Ludwigia stipulacea
  • 別名ミズチョウジ, 水金梅, 水丁子
  • 原産地日本、台湾、中国
  • 開花場所湿地, 川・池, 田んぼ
  • 開花期6月, 7月, 8月

ミズキンバイとは

ミズキンバイ(水金梅、学名:Ludwigia stipulacea)は、日本、台湾、中国原産で、アカバナ科チョウジタデ属の這性多年草です。本州~四国・九州の水辺や湿地に自生します。梅雨時〜夏に、黄色い五弁の一日花を咲かせます。花径はさほど大きくありません。花弁の先端が少し凹んでおり、花弁に葉脈のようなはっきりした筋が見られます。花名はキンバイソウ(金梅草、Trollius hondoensis)に似た花を咲かせ水辺に生えるから。絶滅危惧種に指定されています。

一般名:ミズキンバイ(水金梅) 、学名:Ludwigia stipulacea、別名:ミズチョウジ(水丁子) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目アカバナ科チョウジタデ属ミズキンバイ種 、原産地:日本、台湾、中国、草丈30〜50 cm、葉序:互生、葉身形:長楕円形、開花期:6月〜8月、花色:黄、花径:3 cm、雄蕊数:10、柱頭:5裂、果実:蒴果。


  • フトモモ
  • アカバナ
  • チョウジタデ
  • ミズキンバイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型這性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花