モミジガサ

Parasenecio delphiniifolius

  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • モミジガサ
  • 花名
    モミジガサ
  • 学名
    Parasenecio delphiniifolius
  • 別名紅葉笠, Parasenecio delphiniifolius
  • 原産地日本
  • 開花場所高山
  • 開花期8月, 9月

モミジガサとは

モミジガサ(紅葉笠、学名:Parasenecio delphiniifolius)は、日本原産で、キク科コウモリソウ属の多年草です。の湿った山野に自生します。春に、茎を伸ばし先端に笠状の葉をつけ、成長に伴って紅葉に似た掌状になります。 夏~秋に、茎先から円錐花序を伸ばし、筒状の総苞に包まれた、白い筒状の頭花を5つ咲かせます。花冠は先端で5裂し、花柱も先端で2裂します。 花名は紅葉状の葉が閉じているときに笠のように見えることに拠ります。葉は春の山菜として用いられ山菜特有の香りとほろ苦さ、歯ごたえがあり、タラノメ(タラノキの新芽)と同様人気があります。 調理方法には、おひたし、天麩羅、油炒め、和え物、味噌汁などがあります。

一般名:モミジガサ(紅葉笠)、学名:Parasenecio delphiniifolius 、別名:モミジソウ(紅葉草)、シドケ(しどけ)、シドギ(しどぎ) 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科コウモリソウ属 、生息分布:北海道~九州の日本、環境:深山の沢筋や林床、生活型:多年草、草丈:50~70 cm、葉身:15 cm、葉幅:20 cm、葉形:掌状、葉柄:長い葉柄がある、葉序:互生、葉色:緑、山菜の収穫期:4月~5月、 開花期:8月~9月、花序:円錐花序、小花色:白(頭花、筒状)、小花の花冠:5裂、総苞形:筒状、総苞長:1cm、 特記:葉は山菜となる。


  • キク
  • キク
  • コウモリソウ
  • モミジガサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色茶 緑
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 70.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花