ポリスタキア・ネオベンサミア

Polystachya neobenthamia

  • ポリスタキア・ネオベンサミア
  • ポリスタキア・ネオベンサミア
  • ポリスタキア・ネオベンサミア
  • ポリスタキア・ネオベンサミア
  • 花名
    ポリスタキア・ネオベンサミア
  • 学名
    Polystachya neobenthamia
  • 別名Polystachya, ポリスタキア
  • 原産地タンザニア
  • 開花場所温室, 特定の地域
  • 開花期1月, 2月, 3月, 11月, 12月
  • 花言葉優雅

ポリスタキア・ネオベンサミアとは

ポリスタキア・ネオベンサミア(学名:Polystachya neobenthamia)はタンザニア原産で、ラン科ネオベンタミア属の地生です。冬から春、長い花柄を持つ白い小輪花を毬状に集合して咲かせます。花には芳香があります。リップにある斑点は最初は赤紫色ですが、時間の経過と共に黄色に変色します。

一般名:ポリスタキア・ネオベンサミア(Polystachya neobenthamia)、学名:Polystachya neobenthamia、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科、原産地:タンザニア、生息分布:低地、草丈:30~40 cm、葉形:線状披針形、花色:白、花径:2~3cm、開花期:冬から春。


  • キジカクシ
  • ラン
  • ネオベンタミア
  • ネオベンサミア グラシリス
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草、地生蘭
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30 ~ 40 cm
  • 花径2 ~ 3 cm

ランダムな花