ポンテデリア・コルダタ

Pontederia cordata

水辺の植物

  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • ポンテデリア・コルダタ
  • 花名
    ポンテデリア・コルダタ
  • 学名
    Pontederia cordata
  • 別名アメリカ水葵, Pontederia cordata, Pickerel weed, ナガバミズアオイ, 長葉水葵, ポンテデリア
  • 原産地北米
  • 開花場所湿地, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月
  • 花言葉同情

ポンテデリア・コルダタとは

ポンテデリア・コルダタ(学名:Pontederia cordata )は、北米原産で、ミズアオイ科ポンテデリア属の耐寒性水生多年草です。和名では、ナガバミズアオイ(長葉水葵)と呼ばれます。因みに、日本のミズアオイ(水葵)は1年草です。池や浅瀬に生える水生植物で地下茎で増えます。夏から秋に、花茎先端から10~15 cmの穂状花序を伸ばし、花径2 cmで青紫色の6弁花を多数咲かせます。花弁の1片に黄緑色の点が有り、受粉に役立つ蜂が飛来する目印となります。花は一日花なので、夕方には萎みます。 属名の ”Pontederia” はイタリアの植物学者への献名、種小名の ”cordata” は葉形が「心臓形の」に由来します。花言葉は「同情」。

一般名:ポンテデリア・コルダタ(Pontederia cordata)、学名:Pontederia cordata、分類名:植物界被子植物単子葉類ツユクサ目ミズアオイ科ポンテデリア属、別名:Pickerel weed 、アメリカ水葵、ポンテデリア(Pontederia)、ナガバミズアオイ(長葉水葵)、原産地:北米 、環境:沼、湿原、草丈:60~100 cm、葉形:細長い心形、左右相称花、両性花、花序形:穂状花序、花被片数:6で1片に黄緑色の点が有る、花色:青紫、花穂長:10~15 cm、花径:2 cm、開花期:6月~10月、子房:上位、果実型:蒴果、用途:水辺の植物、鉢植え、切花。


  • ツユクサ
  • ミズアオイ
  • ポンテデリア
  • ポンテデリア
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    6弁花
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性水生多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花